iPhoneの背面タップを使ってみました

ios14になり、画面スクリーンショット(表示されている画面を写真を撮るようにデータ化)する時にダブルタップする機能、必要があるのかな~、電源ボタンと音量上げのボタンの同時押しで出来るし…と思っていました。(ホームボタン無しタイプ)

が、案外便利です。背面ダブルタップでスクショ。

間違えて、電源ボタンと音量下げボタンを同時押ししてしまう事が多々あるため、とても楽です。

時々反応しづらいのは、画面上部3分の1あたりまでの間をタップするとよいそうです。
上部3分の1くらいの中でも、がっちり握っていたり、両手で握っていたりすると、反応しませんでした。反対に軽く握っているとどこをタップしても反応しました。
コツの一つとして、iPhoneの先端を上下に揺らすというのがあり、しっかり動かないようにしているとダメ見たいです。
下側でも、がっちり握っても反応する時もあるので、コツを知って確実を目指します。

設定方法は、「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「背面タップ」→ダブルタップ」→「スクリーンショット」と順番にタップしていきます。

スクリーンショット以外にも設定できるものがありますので、自分が良く使うものを試してみてくださいね。


ただ、ケースの厚みで反応はどうなのでしょうか。
機種によっては使えないものもありますので、その点もご注意ください。


【パソコン市民IT講座千歳烏教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室