【Word小技】ショートカットの覚え方のコツ

ショートカットは、何かと機能の頭文字をとったものが多く、そこから覚えていくといいと思います。また、別のパターンで、「そこにあると便利だから」という位置関係で作られたショートカットもあります。
ショートカットを覚えると作業の時短になりますので、是非覚えてくださいね!
今回は、ワードで使えるショートカットの紹介です!

Ctrl+○○ 頭文字シリーズ

  • A→全選択(ALLの頭文字)
  • B→太字(Boldの頭文字)
  • C→コピー(Copyの頭文字)
  • D→複製(Doubleの頭文字)
  • F→検索(Findの頭文字)
  • I→斜体(Italicの頭文字)
  • L→左揃え(Leftの頭文字)
  • N→新規作成(Newの頭文字)
  • O→開く(Openの頭文字)
  • P→印刷(Printの頭文字)
  • R→右揃え(Rightの頭文字)
  • S→上書き保存(Saveの頭文字)
  • T→タブの追加(Tabの頭文字)
  • U→下線(Underの頭文字)
  • W→ウィンドウを閉じる(Windowの頭文字)

Ctrl+○○ そこにあったら便利シリーズ

  • G→ジャンプ(検索の隣なので)
  • H→置換(ジャンプの隣なので)
  • V→貼り付け(コピーの隣なので)
  • X→切り取り(コピーの隣なので)
  • Z→元に戻る(左手片手で一番近くて押しやすいので)

Ctrl+○○ 頭文字取られちゃったので他の文字シリーズ

  • E→中央揃え(Centerの2文字目)
  • K→リンク挿入(Linkの最後の文字)

いかがでしょうか?意味や位置づけを考えると、ショートカットも自然に覚えられると思います。
是非参考にしてくださいね😊



【パソコン市民IT講座千歳烏山教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室