【Excel】入力されている全角数値を半角の数値に直す方法2種類

前回は、半角を全角に変換する方法をお伝えしました。

【Excel】入力されている全角数値を半角の数値に直す方法2種類

今回は、既に入力されているデータを、全部半角に置き換える方法を2つ、メリット・デメリットを添えてご紹介します。

①関数で変更する

手順

  1. 半角に置換後の為のASC関数を入れるセル(列・行など)を挿入する
  2. 挿入したセルを選択し数式バーに「=ASC(半角になっているセル番地)」を入力する
  3. Enterキーなどで確定する

メリット→住所などの、数字以外が含まれているセルでも、英数字だけを全角に直してくれる。
デメリット→ASC関数を入れる為のセルが必要となる。

②書式設定で変更する

手順

  1. 「ホーム」タブの「数値」グループ内にある書式設定を、「その他の書式設定」にします
  2. ユーザー設定の種類に「[DBNum4]0(カンマを入れる場合は[DBNum4]#,##0)」を入力し、OKボタンで確定します

メリット→ASC関数のように、ASC関数専用のセルがなくていいので、そのまま計算などに使うことができる。
デメリット→住所などの、数字以外が含まれているセルの場合、機能しない。また、予め「文字列」になっている物、文頭に「’」がついた文字列数値にも無効となるため、実質ASC関数の方が確実。


【パソコン市民IT講座千歳烏教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室