【Excel関数】ROUNDDOWN関数とFLOOR関数、切り捨て関数の違い

以前に切り捨て関数でROUNDDOWN関数を紹介しましたが、その前にFLOOR関数という別の切り捨て関数も紹介しました。どちらも数値の切り捨ての関数ですので、今回はその違いをご紹介します。

【Excel関数】ROUNDDOWN関数とFLOOR関数、切り捨て関数の違い

ROUNDDOWN関数

ROUNDDOWN関数は桁の切り捨て関数です。ただの割り切れない数などは何も設定をしなければ四捨五入となりますし、ROUNDUP関数を使えば、次の数値が1~4でも切り上げされます。
ROUNDDOWN関数関数の場合は切り捨てですので、指定された数以降はすべて0となり、数値は切り捨てされます。

構文

₌ROUNDDOWN(数値,桁数)

ROUNDDOWN関数

桁数はマイナスにすることもでき、マイナス桁数の場合は数値のプラスの桁数で切り捨てます。ちょっとややこしいですね…そもそも割り切れない数を切り捨てる関数なので、桁数が多いという事は、小数点以下の数が多いという考え方となります。

FLOOR関数

FLOOR関数は、基準値で切り捨てる関数です。基準値の倍数に近い数値で切り捨てをします。使いどころが難しいですね。ROUNDDOWN関数になれているようでしたら、あまり必要がない関数かもしれません。

構文

₌FLOOR(数値,基準値)

FLOOR関数

FLOOR関数は同じ切り捨て関数ですが、基準値の倍数となりますので、例えば、500を基準値にすれば500の倍数で切り捨てられますので、より細かい切り捨て数値を設定することが可能です。
画像のような数値だと、ROUNDDOWN関数と全く一緒の結果になりますが、倍数計算の時などはこちらの方が出しやすいかもしれません。

いかがでしたでしょうか。FLOOR関数、初めて聞いたという方もいらっしゃるかと思います。違いを踏まえて、是非試してみて下さいね😊

関連記事


【パソコン市民IT講座千歳烏山教室】 ☎03-3300-7550
初心者からMOS・P検資格取得までのパソコン教室 
パソコン教室の写真館 からすやま みんなの写真館 iPad講座(アイパッド)
プロカメラマンが教える写真教室 デジカメ倶楽部