怪談の日

今日は「怪談の日」です。この日は、「怪談」をエンターテインメントとして確立したタレントの稲川淳二さんが、自身の「Mystery Night Tour」の20周年連続公演を記念し、第1回目を行った1993年8月13日にちなんで制定しました。

怪談のイラスト

「夏といえば怪談」 といわれるほどですが、何故いつでもできる怪談が、夏の風物詩になるのでしょうか?
それは、江戸時代の芝居文化が深くかかわっています。
現在とは違い、娯楽の少ない昔は、芝居といえば貴重な娯楽で、大変な人気でした。日本ではお盆になると、先祖の霊を家に迎えて供養しますが、霊の中にはこの世に恨みを抱いた怨霊や無縁仏もおり、成仏できず幽霊になって現れることもあるようです。そしてお盆の時期に行われる芝居は、「盆芝居」「盆狂言」などと呼ばれ、鎮魂の意を込め、浮かばれぬ霊の無念や苦しみを語るようになり、夏の歌舞伎の演目としても定着していきました。
またお盆の頃は、土用の時期に重なることが多かったため、一流の役者は土用休みで二流の役者しか揃わず、目先の変わった怪談や仇討ちものが多くなったといわれています。こうして怪談が夏の風物詩になったといわれています。

調べてみると、面白いですね。わからない事や、疑問に思ったことなど、インターネットで検索すると調べられます。是非活用してください。



【パソコン市民IT講座千歳烏山教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室