ブラックフライデー

最近よく耳にするようになった「ブラックフライデー」。
ブラックフライデーとは、11月の第4木曜日の感謝祭の翌日にあたる日のことで、小売店などで感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セールなど、大規模な安売りが実施されます。買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされています。
1961年ごろからフィラデルフィアで始まり、1975年ごろに広まった比較的新しい言葉で、名付けたのはフィラデルフィアの警察です。人が外に溢れて仕事が増えるために「真っ暗な金曜日」と呼んだことがきっかけとされています。今は、「黒字になる」という意味で使われているようです。

ブラックフライデーで買い物をする家族のイラスト

日本でも、最近ではこのブラックフライデーセールを行うことが多くなっています。日本で最初にブラックフライデーを取り入れたは、おもちゃ屋さんのトイザらスだそうです。
ネットでもセールをやっている所が多いので、欲しいものがある方は、安くなっていないか要チェックです♪


【パソコン市民IT講座千歳烏教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室