【スタッフレビュー】ドリッパーを出さなくても手軽にドリップコーヒーを!(KALDYコーヒーフィルター)

このコーナーでは、スタッフが実際に買ったり食べたり飲んだり使ったりしたものを、感想とともにお伝えしていきます!
皆様の購入時の参考になればと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします(^▽^)/
なお、スタッフの完全な主観によるレビューとなります。予めご了承ください。

今回ご紹介するのは、KALDYのコーヒーフィルターです。
KALDYといえば、コーヒーファームという名の付くほど、コーヒー豆、挽いた豆など、さまざまな種類のコーヒーが置いてありますね。コーヒーのグッズに関して同じように色々置いています。

そんな中でも、私が「買ってよかった」と思ったものはこちらです。

その名の通り、DRIP COFFEE FILTER(ドリップコーヒーフィルター)です!
リンクはオンラインショップの物を貼っていますが、店頭にも普通にあります😊

このフィルターの大きいところは、何といってもドリッパーがいらない事!

個包装のドリップコーヒーのように、開いてカップに取り付けたら、お好みの挽いたコーヒー粉を入れ、ドリップするだけ…

淹れた後もドリッパーを洗う作業が減ると思うととても気軽でラクチンです。

メリット

メリットその① 洗い物が減る

ドリッパー一つで何を……と思われるかもしれませんが、洗い物が一つでも減るというのはとても画期的なんです。1パックで30回分の洗い物と考えると結構大きいのではないでしょうか。

メリットその② 個包装ドリップコーヒーよりゴミが少ない

個包装ですと、包装の部分がどうしてもゴミになってしまいますね。それを30回分と考えると結構な量になると思います。

メリットその③ 普通のドリップコーヒー用の粉が使えるので、個包装ドリップコーヒーよりも経済的

個包装の利便性とドリッパーで淹れるコーヒーの経済的さの美味しいとこどり、というのがこのコーヒーフィルターのメリットと考えます。これを考えた人天才か……と思ってしまいました。

デメリット

メリットばかりを紹介しても…ですので、デメリットも紹介しますね。

デメリットその① 大量に淹れられない

ドリッパーを使えば、コーヒーの粉の量に応じて、出来上がるコーヒーの量も調整できるのですが、そもそも、粉がたくさん入れられないこの型ですと、普通の個包装と同じ。つまり、1杯分か、せいぜい2杯分くらいです。

デメリットその② 普通のコーヒーフィルターに比べて若干割高

今や100均でコーヒーフィルターも買えてしまいますので、大分割高感ありますね。
もちろん100均にも、同じようにカップに引っ掛けるタイプのコーヒーフィルターも売ってましたが、若干粉が入れづらいのと、粉の入る量が少なかったので、結果カルディの物に落ち着きました。
それでも、ドリッパーを使うタイプのフィルターよりは割高ではあります。

いかがでしたでしょうか。

もっと手軽に、カンタンに、後処理も簡単に、コーヒーを楽しみたいという方におすすめです😊


【パソコン市民IT講座千歳烏教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室