パスワードの作り方・考え方

使いまわさない!わかりづらくて覚えやすい、あなただけのパスワードを考えよう!

情報漏洩がいろんなところでニュースになっていますね。
だいたいの「会員登録」はIDとパスワードを入力することにより、個人情報にアクセスすることができます。パスワードって、実はいろいろなサイトで共通したものを使いがち……
覚えていられるパスワードを考えると、自然にそうなってきてしまいます。

今回は、使いまわししがちなパスワード・より分かりづらいパスワードを考えるための一工夫をお伝えいたします。

パスワードの作り方・考え方~使いまわさない!わかりづらくて覚えやすい、あなただけのパスワードを考えよう!~

パスワードは限界文字数と最小文字数からパターンを作る

パターンは4種類程度あると便利です4文字・6文字・8文字・10文字のパターンをそれぞれ考えましょう。
パターンを作るときのポイントは「自分だけの法則」です。

わかりづらい(推測されづらい)パターンの作り方

好きな食べ物や、好きなブランド、好きな自動車など、「自分にしかわからないもの」がおすすめです。さらにそれを当て字や数字、更に記号を追加、等「自分だけの法則」を追加していきます。

★豆腐が好きな方の為のパターン例 (4文字Ver)

tohu(とうふ)
0(お)10(とう)2(ふ)
ToFu(とうふ)
0To2(おとうふ)
@To2 等など

自分が好きなものだと、より覚えやすいですよね

パターン+サイト名などの「自分だけの法則」で、脱使いまわし!

考えたパスワードのパターンにサイト名を追加することにより、使いまわしを防止できます。
例えばAmazonであれば、先ほどの4文字の中から「0To2」のパターンを利用して「0To2amazon」など、1文字変えるだけでもパスワードはより分かりづらいものとなります。
しかし、自分しかわからない独自の法則さえあれば、パスワードを使いまわしすることなく、たくさんの種類を考え出すことができるでしょう。

皆様も、今一度「パスワード」について考えてみてくださいね♪

必要であれば積極的に変更していきましょう!


【パソコン市民IT講座千歳烏山教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室