ノートパソコンのタッチパッドを物理的に無効にする

ノートパソコンは、マウスを使用する時にはタッチパッドを無効にする方が多いと思います。
タッチパッドに手指や袖が触れてもカーソルが飛ぶことがあるからです。

ただ、操作に慣れている方はその限りではありません。

カスタマイズできるパソコンを購入すると、マウスを接続してもタッチパッドの無効化の設定が出てこないくて、ドライバをインストールしなければ設定できない場合もあります。

一番手っ取り早いのは、タッチパッドの上に、例えば厚紙などの乗せておきましょう(紙でも布でも何でもタッチパッドが反応しなければOK)設定いらずで、物理的に反応しない程度の厚みの物で、タッチパッドをふさいでしまえばよいのです。(紙などはテープでずれないように止めておきましょう)

マウスを使っていて、カーソルが飛んでイライラする方はお試しくださいね。

今日の、生徒様との対応内容の一部です。


【パソコン市民IT講座千歳烏山教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室