iOS15へアップデートした後に

iPhoneの最新OS、iOS15が9月にリリースされました。FacetimeがAndroidスマホやWindowsパソコン相手でも使えるようになったり、Safari(サファリ)の検索画面の位置が変わるなど変更がありました。
私がiOS15にアップデートした後に使ってみて、地味に使いづらくなったのが、 Safariの検索ボックスの位置です。実はこれは元のように、画面の上部に戻すことが出来ます。

iPhone設定画面

【設定】アプリから【Safari】の項目を選択します。
次に「タブ」項目の「シングルタブ」を選択します。これで選択ボックスが上部に設定できます。
使いづらいなと思った方、試してみて下さい。


【パソコン市民IT講座千歳烏教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室