家を出られない時の命綱、食料調達の方法を考えておこう

コロナなどの感染症やインフルエンザ等で、不意に家を出られなくなった時。

もちろん、一番いいのは、災害対策の為の食料の備蓄がしっかりとある状態ですが、たまたま「ない」状態も想定しなければなりません。

こういった体調不良的なことは、予想されて起きるものではなく、不意に起こるもので、何の準備もなしにやってくることもしばしば。

食料調達のラインをいざという時の為に考えておきましょう。

その①アマゾンフレッシュや、西友などのネットスーパーを知る

生鮮食品などを取り扱っているスーパーも、今や宅配の時代。

近くのネットスーパーが使えるかどうかは、チェックしておいた方がいいかもしれませんね。

その②ネットショッピングで買えるものを覚えておく

ネットスーパーだけでなく、全国から買物が出来るAmazonRakutenといったネットショッピングも活用したいですね。宅配業者によってはサインレスで玄関先に置いておいてくれる業者もありますので、追跡をしっかりと確認し、宅配前に配達店に到着を確認したら、配達店に置き配の旨を連絡しておくのも手です。

ネットやアプリも活用して考えておきましょう。

その③ナッシュワタミデリッシュキッチン等の弁当宅配を利用する

冷凍庫が空いているのでしたら、温めるだけのバランス栄養弁当を手配するという事もできます。
本当に何も作れない時等に、とっさに頼めるので覚えておくといいでしょう。

その④ウーバーイーツ出前館等、料理を届けてくれるサービスを知る

近くのレストラン・居酒屋等から、料理を配達してくれるサービス、今は結構メニューやお店も多く登録されております。

地域によっては管轄外もありますが、千歳烏山周辺はお店も多く、配達ができる種類も豊富です。

どんなものが頼めるのか、事前に知っておくと、いざという時にさっと頼めて、とても便利ですよ。


【パソコン市民IT講座千歳烏教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室