【LINE】LINEの通話をよく使う人必見!通話ボタンのつくり方とデメリット

LINEの通話、無料で便利ですよね。電話の様に使われている方も多いと思います。

しかし、LINEの通話手順は意外と煩わしく、①トークやホームをタップし、②通話相手を探し出し、③プロフィールをタップし、④通話ボタンを押す、という4つの作業が必要です。

この作業をたったの2つの作業で完結できるボタンを作ることができます。
それが、LINE通話ボタンです。

以前に作り方まで紹介したのですが、今回はボタンを作ることによるデメリットも紹介いたします!

LINEの通話ボタンを作る方法

  1. ホーム画面右上にある、「⚙(設定)」ボタンをタップ
  2. 「通話」をタップし、一番下に出てくる「通話/ニュースタブ表示」をタップ
  3. 通話をタップしチェックを入れ、緑色の状態になったら、右上の×などで戻る
  4. LINEニュースがあったタブが通話に変わっていればOK

詳しくはこちらでも解説しています↓

通話ボタンを使うデメリット

通話ボタンをつける代わりに消えるのがLINEニュース。

LINEニュースをよく見る人にとって大問題ですよね。

でも、今現在は両方表示はできないので、より使う方を選んでいただければと思います。

通話メニューの使い方

リダイヤルなど、通話履歴にある人でしたら、受話器マークをそのまま押すと通話可能です。
初めて通話する人でも、右上にある手帳マークをタップすれば、友だち一覧が出てきますので、通話したい友だちの右側にある、受話器のマーク(又はビデオカメラマーク)をタップすれば、すぐに通話をかけることができます。

通話をよく利用される方は、ぜひ使ってみて下さいね。


【パソコン市民IT講座千歳烏教室】

初心者🔰からMOS・P検資格取得まで 
スマホ・iPad(アイパッド)・オフィスソフトスキルアップ・PTA・事務仕事・P検試験校・テレワーク環境設定・新PC初期設定・オンライン受講もご相談受付中
東京世田谷にある、しっかりカウンセリングで安心・アットホームなパソコン教室