文字を入力する時の指使い・タッチタイピングを極めよう!

パソコンで文字を入力する時に、指の一本打法になっていませんか?
文字入力がスムーズになると、パソコンの作業効率が飛躍的に向上し、仕事も進みやすくなります。
仕事の速さに直結するタッチタイピングを練習しましょう!

文字を入力する時の指使い・タッチタイピングを極めよう!

指使いについて

ホームポジション

どのキーボードでも、共通していることがあります。
キーボードの中央部分に近いところにあるキー「F」「J」のキーをよく見てみて下さいね。突起やへこみなど、他のキーとは違う、手で触るとわかるシルシがあります。

触れるとわかる程度の、ささやかな違いですので、見逃さないようによく見て下さいね。

この「F」に左手の人差し指を軽くのせます。「J」には右手の人差し指を軽く載せます。そのまま、隣のキーに中指、その隣に薬指、その隣に小指……と順番にのせていきます。

これが、「ホームポジション」といい、指使いの基準となります。

右手:人差し指「J」/中指「K」/薬指「L」/小指「;」
左手:人差し指「F」/中指「D」/薬指「S」/小指「A」
※左右の親指をスペースキーに置くと安定します。

指の役割分担を確認しましょう

キーボードは軽~くポンッと一回押すと入力ができます。
※タイピング練習の準備:「スタート」ボタンをクリックし、「ワード」を起動します
準備ができたらホームポジションに指を置いてみましょう(まだ入力はしません)ホームポジションに指を置いたら、入力に使う指を確認しましょう!

指使い一覧です

キーボードの打ち方を覚えましょう

さて、いよいよ入力です。
キーボード入力のコツは「押したら戻す」です。
キーを押して入力をしたら、手をホームポジションに戻しましょう。
これを繰り返します。

タッチタイピング練習をゲーム感覚でやってみよう!

タッチタイピングの練習サイトで有名なe-typingで、無料でタイピングの練習ができます。スコアが出てきて、ゲーム感覚でタイピングの練習ができます。

是非やってみてくださいね。


【パソコン市民IT講座千歳烏山教室】 ☎03-3300-7550
初心者からMOS・P検資格取得までのパソコン教室 
パソコン教室の写真館 からすやま みんなの写真館 iPad講座(アイパッド)
プロカメラマンが教える写真教室 デジカメ倶楽部